スポンサーサイト

  • 2010.10.24 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


便利さで失った便利さ


ブログ引越し中 農援団長の日記

 




さつま芋など年間を通じて20種類の野菜を作っている酒井さん。


酒井さんちでのさつま芋の食べ方は、ストーブの上に水の入ったヤカン、そして石を入れて芋を蒸す。

酒井家の秋から冬にかけてのおやつの定番だ。酒井さん自身も、酒井さんのお子さんたちも、そしてお孫さん達もこうやってずっと食べているのだ。


ストーブはもちろんこんな感じのものだ。

一般的に開放式と呼ばれているもの。






皆さんのお宅にはあるだろうか?

ほとんどの方がファンヒーターもしくはエアコンではないかな?と思われる。


開放式ストーブは、ガスタイプのものと灯油タイプのものがあるが、農家使用するそのほとんどが灯油タイプ。

電源は、単1の電池で着火する。電池の交換がそのうち面倒くさくなるから、マッチでつけたものだ。


農家は、日のあるうちに農作物の管理作業や収穫作業をする。そして、作業場(さぎょうば)や働場(はたらきば)というところで袋詰めなどをする。これからの冬場のほうれん草、小松菜、春菊などの葉物が最盛期になるとやっぱ詰め切らないので夜仕事をすることとなる。

そこで登場するのがこの開放式ストーブ。やっぱり暖房がないと手がかじかんでしまうのでつける。

ファンヒーターだと送風機能があるので収穫してきた野菜が乾いてしまうので向かない。


農家の晩御飯は、サラリーマン家庭とは違いことの他時間が早い。


うちの祖父母は、冬場春菊を栽培していた。18時ごろはもう真っ暗だから仕事を一旦切り上げて食事をとる。

テレビなどを見てお茶を飲み少し休んでから袋詰め作業をしていた。

私も子供の頃よく手伝わされた。21時をすぎると少し小腹が減ってくる。そこで、開放式ストーブの上にさつま芋をのせて温める。もちろん、この時点のさつま芋は午後のおやつ用に蒸してあるものだが、ストーブの上でじっくりと加熱することで、より味に深さが増す。とてもおいしかったと記憶している。

お正月近辺なら伸し餅を切って焼いたり、2月くらいになるとかき餅を揚げずにストーブの上でお煎餅みたく焼く。


ファンヒーターなどと違い、開放式ストーブには速暖機能は無いがいろいろと使える面が多い。

ヤカンをかけておけばいつでもお湯は沸いているし、部屋の加湿になる。わざわざ加湿機などを設置しなくても良いというわけだ。


開放式ストーブ。ホームセンターなどでは激安で売っている。


なんてノスタルジックだと思うかも知れない。


化石燃料を使用するからエコっぽくないと思われるが、使い方によっては省エネにつながること間違いなし。


この冬ぜひ1台どうですか?



くどいようだけど
ブログ引越し中 農援団長の日記

























お引越し

JUGEMテーマ:仕事のこと
 
ブログ新規開設

フィールドコープ松橋毅の

ガンダムの街で働く社長のブログ






 ブログお引越しです

農援団長のブログ

ご迷惑おかけしますがクリックよろしくお願いします。



フィールドコープ評判

JUGEMテーマ:仕事のこと
 
宅配BOXの評判

けっこう良かったりして


石塚様のご感想

鳴海様のご感想

そして

emaちゃんの感想

あなたも試してみませんか?




ただいまブログ引越し中です
アメブロで読者登録よろしくね



 アメブロ農援団長ブログ







旭市サンライズプラン

JUGEMテーマ:農業・アグリビジネス

今日は、サンライズプランの事務局会議だった。

このサンライズプランとは、旭市、農協、農業者、生協の4者で循環型の農業を推進する事業だ。

平成10年から始まったこの事業、スタート時の概略は以下の通りだ。

ゝ拗姪弔之椶了料用にお米を生産する

△米を鶏に食べさせる

7椶諒気鮨綸弔慳瓩

と言った循環型農業モデルだ。
また、このことで国の減反政策にも寄与することができた。

今でこそ飼料用米は珍しくない。しかし、当時は画期的なモデルだった。

平成14年くらいだったと思うが、減反政策が緩和された。
そうしたら、旭市内の米農家は生食米を作ることに躍起になり、この事業は一旦途絶えた。
飼料用米を生産する農家がいなくなったのだ。

その後、飼料用米事業を失ったサンライズプランは、千葉県が推し進めた「菜の花エコプロジェクト」に参加し、その姿をかえた。

菜の花でも追求したのは循環型のシステムだ。

〆攫錣鯒鼎

⊆穫して菜種油にする

菜種油を市内の学校給食などで使用する

せ藩兀僂澆量を「石鹸」と廃油再生燃料(BDF)にする

ダ亳瓦漏惺擦悄BDFは菜の花畑を耕すトラクターの燃料とする

と言ったものだ。今では、生協の菜種油の原料としても使用されている。

そして・・・

来年からもう一度飼料用米を本格的に取り組む方向で今調整している。

もちろんキーワードは循環の輪

農林水産省が進めている「現行の飼料用米」

実は、数年前に起こった飼料高騰に起因する。
イラク戦争などで中東の緊張がたかまると、アメリカのエネルギー政策が変わった。
カーボンニュートラルと言うなのもとに、バイオエタノールなるものが着目され
トウモロコシなどがその原料とされた。

このこのことが、家畜の飼料原料であるトウモロコシの相場を押し上げた。
加えて、投資家たちも介入し、マネーゲームの対象されたことも相場急騰の大きな追い風となった。

日本の畜産農家は大きなダメージを負った。
飼料原料のそのほとんどを海外に依存する現在の日本では致し方の無いところである。

国は、国費(税金)3800億円をはたき、ダメージを負った畜産農家の保護にまわった。

しかし、よく考えて見て欲しい。

3800億円の国費を受け取ったのは日本の畜産農家だが、そのほとんどが飼料代にまわった。
と言うことは、海外のトウモロコシ農家へその国費が渡っているということだ。

この国費の投入は、畜産農家の保護ではなく、むしろ穀物相場の高値張り付きを促したのだ。

であれば・・・・・・である。

国内で瀕死の状態である水稲農家を救い、飼料自給率を高める飼料用米へシフトしていくのは
当然の成り行きである。

現在、飼料用米を作付すると10アール当たり、国から助成金がもらえる仕組みとなっている。

助成金無しでは飼料用米は成り立たない。
冒頭でも書いたが、サンライズプランは平成14年にこの仕組みで失敗している。

助成金ありきの農業経営。
自助努力をしない農家も問題だと思うが、
その様な環境を今日まで醸造してきた農政の過ちの積み重ねも問題だ。

食糧は国防であり、低自給率は国家的リスクであると考える。

まだ多くの人はこの様な危機意識を持っていない。

今後の旭市サンライズプラン。
課題を抽出して確固たる仕組みづくりをぜひ作り上げたいと思う。





























 

ファイトケミカル〜昨日の話〜

JUGEMテーマ:農業・アグリビジネス

昨日、山形へお連れしたお客様のグループ会社で野菜の分析を行っている会社があるという。
数々の分析データを今までは生産者と商材を納品するユーザー様へのフィードバックをしてきた。

そして・・・
これからは、エンドユーザー。
すなわち、一番最後に消費する人にそれを開示するお店がオープンした。

六本木のアークヒルズにあるベジマルシェと言うお店だ。

ここのお店は3つのカテゴリーに野菜を分けている。

抗酸化系野菜

免疫化系野菜

解毒化系野菜

その野菜が人間の体に入った時にどの様に作用するかを数値化している。

サプリメント全盛の時代なので流行ととらえがちだが、その野菜に含まれる物質や
作用の仕方を食べる人に理解させるのにはとても良い取り組みだと思う。

以前、このページでも「これからはファイトケミカル」に注目して欲しいと書いた記憶がある。
ファイトケミカルとは、簡単に言ってしまえば、身体機能の維持には必須ではないが、
病気の予防などに役立つ物質のことをさす。

では、具体的には何か?

トマトの含まれるリコピン
ニンジンのカロチン
トウモロコシのルテイン
ナスのアントシアニン
お茶のカテキン
ぶどうのポリフェノール
唐辛子のカプサイシンなどなど
最近ではアスタキサンチンなども登場している

活性酸素の抑制だったり、抗ガン性であったりと・・・

例えば、卵とアスタキサンチンを複合摂取するとコレステロールが悪玉にならず、
善玉コレステロールとして体内で作用する様になる。

ファイトケミカルとは「人の健康を増進する物質」なのだ

私たちの暮らしの中で有害、無害問わず化学物質で溢れてしまった近年。
体内で生みだされる活性酸素が非常に多いと医学的にも証明されてきた。
活性酸素は、大量にでると人体に有害だ。
体を錆びさせ、時には発ガンのもととなったりもする。

抗酸化の時代

でも間違って欲しくない。これをサプリでとることも有用だが、基本は違う。
植物からきちんと摂取してほしいと思う。

しっかりと育てた野菜にはファイトケミカルが豊富に含まれるからである。


そして、この様な話をする時、ついつい対処療法的な話で結びがちだが
「ことの本質」は違う。
私たちの生命維持活動の中で圧倒的に化学物質を減らす努力をすること

このことが私たちに課せられた根源的なものだと思う






















 

つばさ 山形 赤湯 キャベツ

JUGEMテーマ:仕事のこと




今日は、お客様と山形出張でした。

寺島さんが作っているキャベツの産地見学です。

お昼前に到着したので・・・まずは腹ごしらえのラーメン



寺島英治さんお薦めの赤湯の金ちゃんラーメン。
みそチャーシュー大盛り辛みそ付き。
何でも寺島さんによると札幌ラーメンはのもととなったのはこの赤湯のみそラーメン
だという説があるとか・・・→赤湯出身の人が札幌に渡り広めた説
手もみ麺でとても美味しくいただけました。


昼食を食べ終わると早速畑へ




これは、丘ひじきの種を採取する畑。
寺島農場の丘ひじきはすべて自家採種。
簡単に書いたけど実は、これって凄いことなんです。


そしていよいよお目当てのキャベツ


この写真は、山の上の圃場。
夏の猛暑と干ばつでかなりのダメージを受けたところ。
キャベツの品質にもその爪跡は残る。

今度の出荷は、この圃場ではなく山を下ったところの平場の圃場。
9月に訪問したときは、どうなることかと思っていたが回復方向に向かっている。
11月7日くらいから出荷ができそうとのこと。

今回ご案内させていただいたTD様との取り組みは
山形→福島→千葉と顔が見える産地リレーでつなぐキャベツの供給だ。

新しい取り組みということもありぜひ頑張りたいと考えている。





























 

Halloween ハロウィン Hallowe'en かぼちゃコロッケ

 
10月31日

諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)





因んで南瓜コロッケ




南瓜を蒸してマッシャーで崩す

塩とちびっと足して

パン粉に包んで揚げるだけ

出来上がり

Web上の南瓜コロッケレシピをみると「あん」の中にいろいろと入っているけど
シンプルなのが一番美味しい


ハロウィンの専門サイトってあったんだんだ ハロウィンジャパンインフォ





これは、干潟かぼちゃというかぼちゃ
ここ旭市近郊で作られていた「地かぼちゃ」なのだ

数年前に千葉県の応援を受けて試験的に栽培してみたが・・・

ホクホクしっとりの西洋カボチャに比べて

ベチョっとした感じで甘みがあまり強くなかった


ので


栽培を断念してしまった


ハロウィンの季節になると思い出す






有機野菜の宅配と卸 フィールドコープ
フィールドコーポレーション


食べ物から綺麗になろう









告知です

JUGEMテーマ:オヤジの言いたい放題


日頃お世話になっている版画家の土屋さんの版画展が

香取神宮で開催されます






香取神宮は東関東自動車道佐原インターチェンジ降りてすぐです







あまり畑とは関係がないのですが・・・

うちの卵と野菜を食べていただいていると言うこともあり


告知します


昨日はお米の生産者と夜遅く・・・
というか朝早くまで飲んだせいか

すこぶる眠く

そして気持ち悪い感じです









新鮮で安心できるお野菜の宅配フィールドコープ
フィールドコーポレーション





蓮根

JUGEMテーマ:健康
 

今日は蓮根生産者の宮負さんのとおろへお邪魔した。

蓮根の季節到来



蓮根のアナは通常8つある。これは常識なので覚えておいてほしい。
もちろん自然が織りなすものだから例外はあるが・・・

レンコンの主成分はでんぷん質で、食物繊維やビタミンCもたっぷり含んでいて整腸作用もある。
喉の渇きを止めたり、造血にも効果があるので、副食の食材としてお勧め。

また、蓮根は咳止めに大きな効果を発揮する。
味を気にしないなら、蓮根の節の部分、なければ節に近い部分をすりおろしてお湯にを注いて
飲むと炎症がおさまる。生姜やレモンの絞り汁などと一緒に飲んでもOK

これからの季節にぜひ試してみてはいかがか?

できるだけ皮は剥かずに綺麗に洗って調理することをおすすめする。


末筆ながら、銀座農園の飯村社長に娘さんが生まれた。
10月11日の彼のブログで知ったのだが、その日は私と彼は青山で打ち合わせをしていた。
きっと打ち合わせどころではなかったんですよね。

心からお祝い申し上げます。





たくさんの笑顔がみたいから






奮闘中



今日は千葉市で行われた生協の鶏卵学習会へ卵の生産者の赤座さんと参加しました。

主に以下の3つを参加していただいた方々に説明をしました。


〇笋燭舛今鶏卵の生産現場で取り組んでいること

∋笋燭舛これから鶏卵の生産で取り組もうとしていること

7寨餠罰α澗里砲弔い


今日本には、卵を産む鶏が1億4千万羽いる。
鶏は、毎日卵を産むわけではないので8割としても1億1千万個程度の卵は毎日生産される。
日本国民全員が毎日1個食べてちょうどだ。

戦後、日本の物価年々上昇しているが、卵の値段は変わらない。
「物価の優等生」と言われる所以だ。
養鶏は、農業分野において最も高効率化された分野である。
このことから大手養鶏家の親分達には「農家くささ」は感じられない。
まさに企業養鶏全盛の時代。
大規模化、機械化、低コスト重視の養鶏だ。

私たちの営んでいる養鶏とは毛色が全くと言っていいほど違う。
私たちは、鶏の健康と飼育環境、飼料の安全性をまず一番に考える飼育をしているからだ。
その過程での効率化であったりするわけで・・・。土台となるものが違う。

これからの養鶏を考えた場合に生き残りはかなり厳しい時代になるだろう。

頑張らねばと今一度強く思い直して会場を後にした。






フィールドコーポレーション

おいしい卵、お米、お野菜を農場から直接お届け フィールドコープ


国際食学協会

学んでなっとく食と美人の関係 国際食学協会 


エコなレシピは emaちゃんブログから









 

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM