<< 爪痕 | main | 菜の花の準備 >>

スポンサーサイト

  • 2010.10.24 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ひとりごと

JUGEMテーマ:ひとりごと
 
組織は問題の巣である。

今日もまた問題が起こった。

問題が起こる企業は健全な証拠だ。

目標を設定し、仕事をすればするほど問題は起こるからだ。

ここで言う問題とは単なるミスを指すのではない。

意識を高く持つと、今まで気がつかなかった問題が見えてくる。

組織を強くするということは、目的、目標を設定し、それを必達する手段を徹底して共有化することだ。

但し、注意しなければならないことがある。
組織に起こる問題の根源が管理者であり、管理者がそれに気付かない場合だ。
これは、やっかいだ。
自分が正しいと思ったこと=世の中の正義
自己実現=世の中が幸せになる
と思っているタイプに多い。
この場合は、管理者は大義名分のもとアクセルを思い切って踏む。
とくに外から見ると、この状態は組織が健全で順調に成長しているように見える。
戦後の高度成長期においては、ある意味それで良かったところもあるのは否めない。

しかし、その時代は過ぎた。

失敗は、繰り返し失敗しないためにするもの。






神はその人が乗り越えられない試練は、その人には与えない。

フィールドのこのシステム(Web)でお世話になっているGMOの熊谷社長も
「私達には、自らが解決出来る問題しか起こらない。私達のところに起こる問題は、全て『ちょっと努力が必要な』問題ばかりである。あなたに解決出来ない問題は、そもそもあなたには起こらない。」
と言う。


どんな問題が起きても

ALWAYS POSITIVE

そして

NEVER GIVE UP

この姿勢を崩さずに行こう。





















スポンサーサイト

  • 2010.10.24 Sunday
  • -
  • 13:54
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
私は、仕事で失敗しちゃった(>_<)とよく思うのですが…
「失敗は、繰り返ししないように失敗するもの」
ぃぃ言葉ですよね(^^)
熊谷社長さんの言葉も印象的です!
  • モリモリ
  • 2009/10/31 1:30 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック