<< ひとりごと | main | 通勤路 >>

スポンサーサイト

  • 2010.10.24 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


菜の花の準備




以前ブログでコスモス畑(旭市出清水地区)のことを書いたが、そのコスモス畑が今はきれいに耕運されている。

今日、そこへ鶏糞を持って行った。菜の花の播種準備のためだ。

準備が整い次第、播種をする予定。実行団体は千葉県旭市環境保全・循環型農業モデル事業推進協議会(愛称:サンライズプラン)だ。JA、消費者団体、市、私たちで組織される団体。

千葉県が堂本知事時代に打ち出した菜の花エコプロジェクトに賛同して行ったのがきっかけで、もう5年くらいになる。

播種後、春に菜の花まつりを行い、その後収穫し、菜種油として消費者団体へ供給する。畑に鶏糞を投入するのだから菜種の搾りかすを鶏の飼料として用いられればいいのだが、今のところ行ってない。
消費者団体へ供給した菜種油の廃油を回収して石鹸の原料やトラクターで使用できるバイオディーゼルフェル(廃油燃料)として使用される。

実感として思うのだが仕組みとしてエコを考えると結構なエネルギーがいる。

意識付けにはもちろん象徴的なことをするのは当たり前で仕方がないが、形骸化されないように注意を払わねばなるまい。

ちなみに菜種を絞ってできた製品はこんな感じ。





もちろん、ほかの国内産地とブレンドされてはいるが。

無理や無駄の無い社会構造づくり。

これに尽きると思う。

無理や無駄が多ければバブル気味に経済は良くなると思うが、それは本来の姿ではない。

無理や無駄の後始末のほうが、よっぽど高くつく。


















 

スポンサーサイト

  • 2010.10.24 Sunday
  • -
  • 13:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
はじめまして。
JAうごの新米の宣伝ということで
ネット上で営業しております、秋田のJA職員です。

循環型農業関連の記事に
思わず訪問してしまいました。
現在、当JA管内では肥育牛のエサとなる
稲ワラの取り込み作業に畜産農家は大忙しです。

もしよろしければ1度、当組合のブログへ
遊びにいらしてください。

なお、このようなコメントに対し、不快に
思われましたら申し訳ございませんm(_ _)m
削除されてください。

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック